« 本の紹介 | トップページ | お金の使い方 »

2007年2月 1日 (木)

小林正観さんの話

今日の夜

小林正観さんの講演会へ

行ってきました

少し報告しますと

その中で言われたことは

運を上げるには

1、競争をしない・・・勉強で一番になる必要はない、、出世などに囚われない

競争意識が強くなると、エゴがドンドン強くなるようです

2、マイルドな人間になる・・自己主張しない、個性的にならない、味もない色もない

自我を捨てる

3、トイレの便器の水の中に手を入れて掃除をすると、自我を捨てられる

4、勝つことばかり考えていると、エゴのエネルギーが溜まり、優しい心が無くなっていく

5、優しい人とは、負けること、負けていいんです、勝たなくていいんです

とのことです

6、今の瞬間は天からドンドン恵みが降ってきているようです

だから、今を大切に生きながら

そのことに、いつも、「ありがとう」って感謝していくと

ドンドン、ありがとうって言いたくなることが起きてくる

7、実験でチョコレートに100回「ありがとう」をかけると

どうなるかを実験した人がいたようです

チョコレートに甘さが無くなり、マイルドでとても美味しく、また、食べたいって思う美味しい味になったとのことです

|

« 本の紹介 | トップページ | お金の使い方 »

コメント

拝読させて頂ました。負けてもいい。のフレーズに涙がこぼれました。勝ち負けに拘り続ける事で何が大切なのかさえ分からなくなり、取り違えていたように思います。

投稿: | 2007年2月 7日 (水) 20時23分

よい言葉を教えてくれて本当にありがとうございました。
比較的競争率の高い仕事をしているので、「がめつくない人なのに実力があるな~」と認められて、自然に競争に勝ちたい!なんて卑しいことを思っていました。しかし上手くはゆかず。
お言葉のような人こそが、結局は皆に重宝され、また、自然によい味や個性がにじみでるんだと思いました。

投稿: ねこ | 2007年2月 8日 (木) 18時55分

マッチです

>拝読させて頂ました。負けてもいい。
>のフレーズに涙がこぼれました。
>勝ち負けに拘り続ける事で何が大切なのかさえ分からなくなり、取り違えていたように思います。

負けてもいいんだぁーって
思うと本当にココロが楽になりますよね

なにより人への嫉妬、怒りがかなり無くなり
優しさしか残らなくなるのかもしれませんね^^

投稿: マッチ | 2007年2月10日 (土) 02時25分

ねこさんへ

マッチです

私も競争をするのが好きで
人の評価を気にしていました

でも、それは
とてもココロを疲れさせることに
気がつきました^^

負けてもいい!人へ優しい気持ちさせあれば
生きていけるって言葉にとても勇気が出ました^^

投稿: マッチ | 2007年2月10日 (土) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本の紹介 | トップページ | お金の使い方 »