« 時間 | トップページ | 夢も希望もない暮らし »

2007年1月 8日 (月)

温かさを感じて生きる

小林正観さんの言葉

「ありがとうの法則」というのは、
自分が自分の意思で生きているのではなく、

ありとあらゆるものの支援によって
生きているということがわかるということです。

それがわかると、三次元的な周囲の人間も、
四次元的な存在も、すべてを味方につけることができます。

人間は、迷惑をかけなければ生きていかれない存在なのです。
だから、すべてのものに感謝をしながら生きていくほうが
本質なのかもしれません。

これは簡単な構造であるがために、
西洋文明的な人生観の中で生きてきた私たちには
少し抵抗があるかもしれません。

人から温かさを求められたら、
自分もできるかぎり温かさを提供することにしませんか。

頑張らない、闘わない、競わないという人々の社会は、
ただ温かさだけが満ちているのです

|

« 時間 | トップページ | 夢も希望もない暮らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時間 | トップページ | 夢も希望もない暮らし »